会長あいさつ

 

今この日本では、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向け建設ラッシュに沸く首都圏を中心としたヒト・モノ・カネの一極集中が際立つ一方、地方都市は人口減少に少子高齢化、労働人口流出に伴う地方経済の衰退は激しく、一票の格差の名のもとに選挙区合区や議員定数削減など、政府が掲げる地方創生には程遠く、地方には諦めの風潮さえあるように感じます。

私たちの住む高知県も例外では無く、1985年に84人をピークに人口流出がはじまり、2016年末で72万人。約30年で12人余りが県外へと流出し、2040年には54万人を切る予想がされております。

そんな中、地域経済の発展を図る私たち青年経済人の役目は、決して諦めることなく、現実を正確に分析し、地域を良くするんだという気概を持ち、地域と共に現状を打破する対応策を考え、自らがその一歩を踏み出すことだと考えました。

平成29年度は、次の基本方針により事業に取り組んでまいります。


○ 会員企業に寄与すること
○ 失敗を恐れることなく、前向きに進む道を探すこと
○ 平成30年度 四国ブロック大会高知大会への準備
○ 全国会長研修会誘致に向けた人材育成と中長期計画策定
○ よさこい祭り高知駅前演舞場事業や龍馬生誕祭等各種イベント、地域活性化への貢献
○ 会員企業の交流、財務分析、融資知識、商品開発、労務問題など経営基盤の強化
○ ゆるキャラ活用による高知YEGの知名度向上とOB会員との人脈構築、関係強化


平成29年は大政奉還150年。平成30年は明治維新150年という節目の年でもあります。
私は平成29年度スローガンとして「克己努力」~己に打ち克ち、明日を創れ~という言葉を掲げさせていただきました。克己の意味は文字通り己に打ち克つこと。そして努力には心の中に起こる衝動や欲望を、強い意志で乗り越え続けるという意味を込めました。

坂本龍馬先生をはじめ、多くの幕末志士が強い志や信念を武器に、国を変えていったように、地域の為に時間という命を使うのであれば、たとえ困難な道を選べども仲間と共に、己の弱い心に打ち克ち、前に進む自らの一歩が、地域の明日を創るという気概を持って、邁進する所存です。

最後に高知商工会議所ならびにOB先輩諸兄をはじめ、関係各機関の皆さまにおかれましては、今後とも益々のご指導、ご鞭撻、ご支援を賜りますよう 何卒お願い申し上げます。



 

会長あいさつ
執行部・委員会紹介
会員リスト
会員企業訪問
新入会員紹介
組織図
リンク