会長あいさつ

 

平成から令和へと時代が移り、大きく複雑に変化した時代の波が凄まじい速度で我々のすぐそばまで押し寄せています。

世界においては、高度な進化を続けるAIをはじめとするICT技術、広域自由貿易圏の拡大による経済の急速なグローバル化、また、日本においては、社会保障制度に端を発した消費税増税、人口の減少と少子高齢化の進行による労働人口の減少や、国内市場の縮小に伴う働き方改革関連法案の施行、出入国管理法の改正が行われ、大きな歴史的転換期を迎えます。

そのような中、我々高知YEGは35周年の節目の年を迎えます。多くの諸先輩方が高い志と長い年月をかけて作り上げられた素晴らしい歴史を我々は受け継ぎ、さらに新たなページを刻むとともに次世代を担う後輩たちに次の40周年に向けてバトンを繋ぎ、地域の発展に貢献する重責があります。


昨年度の第35回四国ブロック大会高知大会、日本YEGオリエンテーションという大きな事業の成功、今年で10回目となるよさこい祭り高知駅前演舞場やその他の事業運営は成熟期を迎えているように思えます。しかし、このような時こそ心を新たに、歩みを止めることなく、我々は進化を続けなくてはなりません。
故事成語の中に「月に叢雲、花に風」という言葉があります。非常に風流で美しい言葉に思われますが、素晴らしい名月の夜にもかかわらず雲に覆われて目にすることができない、花が満開で咲き誇っている時に限って強い風が吹き花を散らしてしまうという、好事には問題が起こりやすく長続きしないという意味を持ちます。

私なりに解釈しますと、どんなに素晴らしい結果を残したとしても現状に満足せず、考察と反省を次の事業に生かし更に良いものを作り上げる足掛かりにする。また違った見方をすると努力と時間をかけても必ず名月や美しい花のような結果を得られるとは限りませんが、その過程での経験こそが成功への第一歩であると私は考えます。慢心することなく、自らが先んじて先頭を行き、模範となる行動を示すよう「率先垂範」~新時代を先駆け、未来を創れ~をスローガンに掲げました。

平成31年/令和元年度は、次の基本方針により事業に取り組んでまいります。

●高知YEG中長期ビジョンを見据えた会員拡大と知名度向上を図る事業を展開し、
 新しい仲間とより強固な組織を作ります。
●会員交流・OB会員交流による親睦及び関係強化を行い各事業への理解度と

 出席率の向上に取り組みます。
●企業倫理、コンプライアンスを含むビジネス研修を行い、

 会員及び、会員企業の行動改革を推進します。
●青年部活動の根幹をなす会員企業の発展、経営基盤の強化に対する取り組みを行います。
●よさこい祭り高知駅前演舞場事業の企画、運営や各種イベントのさらなる進化を模索し、
 会員間の交流の強化と地域社会の活性化に貢献します。

青年部活動の基本をなすのが委員会活動です。己を磨き、組織を支える自覚を持った会員が責任をもって役割を果たし、事業を進めていく中で交流し、連携を高めることが高知YEGの発展に結び付きます。他人事ではなく自分がこの組織を支えているという気概と自分の発言や行動に覚悟を持って全力で青年部活動に取り組んでもらいたいと思います。

結びに、高知商工会議所並びにOB先輩諸兄をはじめ、関係各機関の皆様におかれましては、今後とも益々のご指導、ご鞭撻、ご支援を賜りますよう何卒お願い申し上げ、私の会長所信とさせて頂きます。



 

会長あいさつ
執行部・委員会紹介
会員リスト
会員企業訪問
新入会員紹介
組織図
リンク